2010年08月21日

走れぐず共(湘南1-4浦和)

SN3D02460001.jpg七夕ユニ封印嘆願署名とかやり隊

連戦の締めくくりは惨敗。相手の狡猾さに対応しようがなかった部分もあったとはいえ、もうちょっと何とかならなかったものか。
4点差の時点で戦意を失わず、前を向き続けていられた選手は何人いたか。
現実の厳しさを思い知らされている昨今ですが、もがいて足掻いていかないと抜けられるもんも抜けられないじゃないか。
さしたるストロングポイントのない我々だけに、走力でぐらい上回らないと勝負にもならないっすよ。
次節から次々節まで、リーグ戦に限って言えば2週間のブランクがあります。後先考えずにやり抜けるか。プライドは見せられるか。
まずは見届けてきたいと思います。もちろんサポートも全力で。
posted by ネリ・マクミン@8ゲ at 22:12| Comment(0) | ベルマーレ-観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

いつでも共に(湘南2-2京都)

SN3D02360001.jpg勝たなければいけなかった最下位との一戦は、最後の最後に失点しドロー。
不用意なボールロストからの先制パンチもたいがい痛かったのですが、あと少し、あと数メートルをどうして粘りきれないのか。
暑くて辛いのはよくわかります。言ったら歌って跳ねてる「だけ」のサポーターの方でさえ大変なことになってるんだから、90分走り切る大変さなんて想像もつきません。
でも、やるしかないじゃないか。ウチにだけできない道理なんてないじゃないか。我々よりよっぽど苦しい立場だったはずの京都は最後のワンプレーで追いついた。そんな姿勢を目の前で見せつけられた、そのことを糧にできないようではこの先もないはず。
次の相手は決して怖くない。恐れず挑みましょう。
いつだって僕らがついてる。今節から加わったこのロゴに恥じないよう頑張りましょう。
posted by ネリ・マクミン@8ゲ at 00:17| Comment(0) | ベルマーレ-観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

生まれ変わって歩きだすよ(神戸0-0湘南)

SN3D02180001.jpg(神戸牛は高いのでスルーしますたすみませぬ)

PKを止められ、また逆に相手の決定機を止めまくった死闘はスコアレスドロー。このタイミングで、この相手に結果を出せなかったことは痛いですが、それでもまずは以前と同じように、あるいは今まで以上の「死闘」を演じきることができるようになった、そのことを肯定的に捉えたいです。
軽い守備を批判されたDFたちは泥臭く戦い抜いた。攻めてはセーフティな方向にばかり逃げず果敢にチャレンジした。その結果、ボールを奪われての披シュート増なら、現段階ではむしろ喜びたい。
憑き物は落ちた、と確信します。
ただ、どういう形であれ今日の奮闘をふいにしてはならない。続けていかなければならない。
そのために、我々も労を惜しんではなりません。
終わりの笛と同時に、笑顔でその場にひっくり返るぐらいの本気を。まずは次、ちゃんと結果がついてくるように。ただただ、やり切りましょう。

※写真は前々節とはまったく別の理由で撮り損ねたので、とりあえず友人と行った異人館。地元民のガイドのおかげで今回は観光も楽しめました。感謝!
posted by ネリ・マクミン@8ゲ at 21:29| Comment(0) | ベルマーレ-観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。