2012年06月26日

凛々爛々(千葉1-1湘南)

20120626162056.jpgねんがんの初フクアリでした。
やはりサッカー専用スタは見やすくて良いですね。うらやましい限りです。
著名な喜作のソーセージ盛りに舌鼓を打った後、臨戦体制に。
試合の方は……何というか、ジャッジがアレすぎてストレスが溜まるったらなかったのですが……。
まあ、あの展開でも追いつき、なおも食い下がるということ。最後はピッチに倒れ込むほど、全身全霊を賭したプレーを見せてくれたこと。勝てなかったとはいえ、その戦いぶりはベストなものだったと胸を張るべきだと思います。
やっと折り返し地点、相変わらず団子です。ただ、我々には一時的にであれ、てっぺんを邁進した実績があります。
結果が伴わなかった時期も、無駄に足踏みしていたわけじゃない。選手たちの一挙手一投足が、そのことを何よりも如実に物語っていました。
まだ半分、まだまだいける。これからの戦いにも、注目せずにはいられません。
posted by ネリ・マクミン@8ゲ at 16:39| Comment(0) | ベルマーレ-観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。